ロゴ

内祝いって何?

結婚や出産・新築・開店などの身内におめでたいことが起こった場合に、喜びを分かち合うために親戚などに贈り物をするものとして内祝いというものがあります。
お祝いをしてもらった人にお礼として贈り物をするお返しと、お祝いをしてもらっていない人にも贈り物をする内祝いは違うものなので注意する必要があります。

優良な花屋さんを選ぶコツ

名古屋や大阪の良い花屋さんを選ぶ際のポイントは大きく分けて外観と店内と店員の雰囲気の3つに分けられます。
外観を見て時に良いとされるポイントはショーウィンドウや苗や鉢の見た目が綺麗かどうか、背の低いものを手前、高いものを奥に順に並べるなど見やすくしていることなどが挙げられます。
店内を見たときに良いとされるポイントは切り花の水が綺麗かどうか、床や棚などが掃除されているかどうか、種類が豊富かどうかなどが挙げられます。店員の雰囲気として良いとされるポイントは店員の身なりや声をかけてくれるかどうか、声が明るいかどうかが挙げられます。

新築祝いで贈るのに最適といわれている花ランキング

ギフト
no.1

華やかな花

新築祝いには花お祝いにもマナーがあります。赤い花は火事を連想させるので縁起が悪いとされるので避けたほうが良いとされています。またあじさいは色が移ることから物事が安定しないことを連想させるので避けることが大切です。
タブーを考慮した上でアレンジメントフラワーは人気があります。アレンジメントフラワーはブーケ、リース、生け花など、手を加えることで鮮やかに飾った花の総称を指します。アレンジメントフラワーの大きな特徴は華やかさです。値段は装飾などによって変わってきますが5000円ぐらいから買うことができます。

no.2

手入れが簡単な花

手入れが簡単な花で新築祝いに適している花としてプリザーブドフラワーがあります。
プリザーブドフラワーは特殊な液につけているので枯れにくく、また1〜2年ほどは綺麗な状態をキープすることができるでしょう。様々な種類の色があり水やりなども要らないため、手間がかからないのが特徴です。
形もブーケやリースなどさまざまなバリエーションが選べます。忙しく花の手入れが難しい相手におすすめです。

no.3

場所を選ばない観葉植物

新築祝いには花だけでなく観葉植物を選ぶのも良いとされています。観葉植物は部屋のアクセントとなるだけでなく、管理が楽で相手を選ばずに送ることができます。
観葉植物の中でも人気なのがパキラです。パキラは生命力が高く日光の当たらない場所や寒い場所でも育ちます。
そのため忙しく花の手入れが難しい相手や置く場所が限られている相手におすすめです。また金運を呼び込むとされ「金のなる木」などと呼ばれることもあります。

贈り物を贈る前にマナーを確認〜花屋さんでギフトを作るコツ〜

ギフト

新築祝いとして贈る花の平均相場

新築祝いとして贈る花の平均相場は自分と相手の関係性によって変わってきます。友人や職場関係の場合は約5000円〜10000円、兄弟・親戚の場合は約10000円 〜30000円が相場とされています。両親へ送る場合は10000円〜100000円が相場とされていて同居や別居などにより変わってきます。贈る花の種類は特に5000円程度で買えるパキラやエバフレッシュなどの育てやすく幸福の木と呼ばれる観葉植物や、年齢を問わず送ることができる蘭などの鉢植えの花が良いとされています。

花とギフト

新築祝いや内祝いを贈る時のマナー

内祝いには様々なマナーがあります。内祝いは良いことがあったときに幸せを分かち合うものなので渡すタイミングが重要です。
場合によって違ってきますが、新築祝いに招いてもらった場合には、ご招待頂いた前日までに届くように送ると良いとされています。新築祝いは入居者を祝うものなので一戸建てやマンションを新築で購入した場合は新築祝いになります。
贈り物は時計や花など日常で使えるものなどが良いとされています。贈り物を選ぶ際のタブーは火事を連想させるもの、掛け時計など穴を開ける必要があるものも避ける必要があり、新居にすぐに穴を開けたいと思う人はほとんどいないので喜ばれるものではありません。また上司へ渡す際には踏みつけるものを連想させてしまうアイテムがNGとなっており、熨斗をつけて挨拶状も忘れずに添えて贈るようにしましょう。

[PR]
大阪にある花屋さんを厳選紹介
宅配サービスを実施中♪

内祝いを贈ろう☆

広告募集中